交通事故トラブル

交通事故被害の種類

事故発生

物損事故

ケガの伴わない事故。物損から人身への変更も可能。

物損から人身への変更。切り替えは事故後なるべく早く。

人身事故

人がけがをしたり死んだりする事故。
後遺障害なし・後遺障害あり、の二種類。

物損事故の場合

  • ケガの伴わない事故は物損事故として取り扱われます。
  • 一般的には損害賠償は財産損害のみで精神損害は認められません。
    ※例外的にペットの死亡については認められた判例はあります。
  • 自賠責保険は使えないので、任意保険に入っていない場合は当事者間での直接交渉です。

よくあるトラブルパターン

  1. 本当はケガしていたが、相手方に頼まれて物損にしたものの、その後の対応が不誠実なので人身に変更したい
  2. 示談交渉が進まない

河野総合事務所にお任せください

警察OBの経験を活かして、人身への変更申請の具体的な方法のお伝えや損害賠償請求の書類作成を行います。

人身事故/後遺障害なし

  • 人身事故で、被害者側ができる損害請求は、治療費(入院、通院費用)、休業補償、障害慰謝料、通院交通費、入院雑費などです。
  • 人身事故の場合、自賠責保険の限度額120万円を超過すれば任意保険会社が負担します。

人身事故/後遺障害あり

  • 一定の治療期間を経て、治療効果がなくなった段階で症状固定となり、後遺障害認定に入ります。
  • 後遺障害の認定には1級~14級と各級で号に分かれて細分化されています。

後遺障害の等級認定とは

交通事故後、治療していてもこれ以上の回復が見込めない(治療効果がない)と認められる時点を症状固定と言い、その時点で残った障害の程度に応じて後遺障害等級認定を申請します。
受傷日から6ヶ月以上の通院・治療期間を経て症状固定となる場合が一般的です。

後遺障害の等級認定とは後遺障害の等級認定とは

等級認定に不服がある

よくあるトラブルパターン

  1. 加害者側の保険会社に任せて等級認定手続きを行って、不服がある。

異議申し立てを行うことができますが、単に「困っている」「不服がある」では見直しは難しいです。

河野総合事務所にお任せください

見直しされるための絶対的要件
  1. 障害が残っている事実と程度
  2. 事故との因果関係の証明
  3. 回復困難であることの証明

を立証する書類作成を行えます。

意外に知らない自賠責保険の被害者請求の方法

自賠責保険と任意保険のイメージ

  • 自賠責保険( 優先的に使用 )

    限度額は治療費など120万円  後遺障害4,000万円が上限

  • 任意保険( 自賠責で不足時使用 )

    一般的に限度額無制限 ※加入保険の種類によります

保険の内、自賠責保険部分については被害者側が請求する被害者請求が可能です。
自賠責保険は国交省管轄の強制保険なので、手続きのみで請求可能です。
書類を調えて手続きするだけなので、面倒な交渉事はありません。
行政書士業務で対応可能です。

弁護士か、行政書士か迷っている方へ

弁護士は敷居が高いなどと考えておられる方、あるいは費用を節約したい方は、河野総合事務所にご相談ください。
相談者の方が納得できる損害賠償額を獲得した実績が多くあります。
最終的に相手との示談交渉や民事訴訟を行う場合は、腕利きの提携弁護士をご紹介させていただきます。
また、弁護士に依頼しなくても相談者自身で交通事故紛争処理センターにあっ旋の申し込みができます。
当事務所が責任をもってアドバイスしますので、ご安心ください。

弁護士か、行政書士か迷っている方へ

交通事故の相談事例